利用したくなる不動産担保ローンのメリット

不動産担保ローンは様々な金融機関で取り扱われているローン商品の一つで、不動産を担保とすることで、長期間の借入、低金利が可能になっている魅力あるローンです。

まとまった融資を必要としている人にとっては、ローンの中でも借りやすいということで期待の高い商品でもあります。

そんな不動産担保ローンには多くのメリットがあります。

不動産担保ローンは、無担保ローンの際には返済能力などが厳しく審査されるものですが、担保があるということで比較的審査が緩くなっています。

高額融資の場合は、安定した収入などが重視されますが、不動産担保ローンの場合は、担保の不動産価値に相応した額の融資となるために、定年退職した高齢者の方でも利用がしやすいなどの特徴があります。

また、ローンといえば使用目的について制限がある場合が多いのですが、不動産担保ローンの場合は、目的に制限がなく自由度があるということも特徴の一つとなります。

事業を始めるための資金としても良いし、他の不動産を購入する資金としても良いということです。

不動産という担保があることで、自由な融資を受けることが可能なのは魅力の一つでしょう。

不動産を担保にしていることで審査基準の他にも、金利面、借入期間で融通が効きます。

無担保で高額融資を受けている場合に比べて、不動産担保ローンであれば、高額であっても金利は低く、そして借入期間を長く設定することができます。

ゆとりある返済計画を立てられるということです。

※関連ページ⇒【URL:http://www.nikkei.com/money/features/37.aspx?g=DGXMZO8566991014042015945M01