知らないと怖い不動産担保ローンのデメリット

使用目的も自由、不動産によっては高額融資が受けられる、審査が通りやすい、低金利で借入期間を長期にできるなど、不動産担保ローンは魅力ある商品なのですが、ローンといえば借金をするということであり、不動産担保ローンを利用することでどんなデメリットがあるかということは知っておかなくてはなりません。

不動産担保ローンのデメリットは、高額融資を受けられるとはいえ、借入期間が長くできることで完済するまでに時間がかかるということです。

返済には余裕を持つことが大事なことではありますが、金利も掛かってくるので、ある程度返済が済めば、繰り上げ返済をしようと考える人もいるでしょう。

しかし不動産担保ローンの場合、繰り上げ返済をしようと思っても違約金がかかるなどして簡単にすることができません。

これは不動産担保ローンが低金利で設定されていることが関係しており、借りる時には大きなメリットではありますが、早く返済したいと思った場合にはデメリットになります。

また、不動産担保ローンは所有している不動産が査定されて借入金額も決まりますが、借入期間が長いことで、その期間中に不動産の価値が査定時よりも下がってしまうということもあります。

ある程度の範囲であれば想定されているのですが、著しく不動産の価値が下がった場合どの様になるのかと言えば、追加担保を出す必要があり、もしも担保にする不動産がない場合はその分も返済に含めなくてはなりません。

担保を出しているからといって、必ずしも安心できないということを忘れてはなりません。